問合せ業務自動応答AIのLogicalMind TALK(ロジカルマインド トーク)

チャットボット導入を成功させるための注意点と導入のポイント3つ

会話形式で問い合わせの自動化を実現できる「チャットボット」は、上手く利用すれば問い合わせ業務の効率化や、オペレーターの負担削減などにもつながる便利なツールです。

ただしチャットボットは万能ツールではないので、「とりあえず導入だけすれば役立つだろう」といった安易な考えで導入するのは避けましょう。

今回はチャットボット導入で失敗したくない方向けに、利用するときの注意点や導入のポイントなどを解説していきます。

 

チャットボット導入を決める前に利用の注意点を理解しよう

チャットボットを利用する際は、まず「チャットボットがすべての受け答えに対応できるわけではない」点を認識しておく必要があります。

ルール通りに稼働する「シナリオ型チャットボット」の場合は、表記ゆれといったルール外の内容に対応できません。

また問い合わせの規模が多いとデータの登録に膨大な時間が掛かるのもデメリットです。

対して「AI型チャットボット」であれば、表記ゆれといったパターンにも学習によって対応ができますし、データがあれば取り込むだけでよいので登録の手間はありません。

ただしAIが搭載されているからといってあらゆる質問に対応できるわけではなく、対応できない場合はオペレーターにつなぐといった導線設計も必要になります。

既存の問い合わせ対応手段と組み合わせて利用する工夫が重要です。

 

チャットボット導入時に確認しておきたいポイント3つ

ここからはチャットボット導入時に押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

ポイント1.なぜ導入したいのかを明確にする

チャットボットを導入する際は、まず目的を明確にしましょう。

・社内問い合わせにおいて、無駄なヘルプデスク業務を減らしたい
・24時間365日気軽に外部問い合わせができる手段を設けたい
・データを蓄積してマーケティングでも活用したい

といったようにさまざまな目的が考えられます。

チャットボットサービスにもそれぞれ得意なこと・不得意なことがあります。目的に応じて適切な機能が搭載されているチャットボットを選択できるかが導入成功のカギです。

ポイント2.どのプラットフォームでチャットボットを導入するか決定する

チャットボットを導入できる先は

・企業公式Webサイト
・SNS
・スマホアプリ

など複数あります。ユーザーが普段使っているプラットフォームを選択して、使いやすいようにチャットボットを設計するのがポイントです。

複数のプラットフォームを利用している場合はそれぞれに同じシステムのチャットボットを導入するとよいでしょう。

ポイント3.担当者を選んでPDCAを回せる体制を整える

チャットボットでは導入してから「PDCAサイクル」を回し、効果測定を行っていく必要があります。

なぜなら、チャットボットが応答すべき内容は変化していきますし、常に回答精度を向上させる必要があるからです。

スムーズに効果測定してチャットボット精度を向上させるためには、専任者を抜擢する必要があります。チャットボットの仕組みや管理方法などに詳しい従業員を配置すると良いでしょう。

 

AI型のチャットボットを導入すれば、高度な受け答えを実現可能!

チャットボットを導入する際は目的や導入するプラットフォーム、管理担当者などを決定するのがポイントです。

そのうえでAI型のチャットボットを導入すれば高度な応答自動化が可能になります。

応答が止まらないように、オペレーターとスムーズにつなげるようにするといった工夫も行いながら活用すると大きな業務効率化が実現します。

そこでおすすめしたいのが「ロジカルマインド」のAIチャットボット。

問い合わせ規模に応じてリーズナブルな価格設定のプランなど柔軟にプランを選べるので、はじめてチャットボットを導入する方も安心です。

簡単に、リーズナブルな価格で導入できる「AIチャットボット」のお申込みはこちらから

関連記事

FAQ

LogicalMind活用法の
資料をご用意しております

ぜひお気軽に
ダウンロードください